琥珀のお手入れ方法

琥珀のお手入れ方法、琥珀のケア
琥珀のお手入れ方法

琥珀の硬度、性質

琥珀は太古の木々が生み出す樹液が流れ出て、化石化したもの。

そのため、他の鉱石と比較するとその硬度が低く軽いのが特徴です。

琥珀のお手入れ方法

硬度とはここでは「モース硬度」のことを指します。

モース硬度とは、主に鉱物の硬さを測る尺度で、1から10と数字が高くなるほど硬くなります。一番硬いダイヤモンドのモース硬度は10とされます。

琥珀のモース硬度は約2.0-2.5。

人間の爪の硬さとほぼ同じぐらいといえば分かりやすいでしょうか。

真珠のほうが硬度はやや上です。

このように、琥珀は植物由来であるがゆえ、一般の鉱物と比較すると柔らかい傾向が見られます。

そのため、衝撃を与えるのは避けてください。

琥珀アクセサリーの保管方法

琥珀は樹液が化石化したものですので天然石等と比べると大変柔らかい性質を持ちます。

保管時等は他のジュエリー等と触れると傷つける恐れがあるため必ず別で保管して頂くか柔らかいジュエリーポーチ等に入れて保管下さい。

また、透明ジッパー式の袋等に入れ空気との接触を減らし、それをさらにポーチ等に入れ保管することでシルバー等の変色からも守ることが出来るのでおすすめです。

直射日光、高温になる場所での保管は避けてください。

琥珀のお手入れ方法

写真は当店のオリジナルジュエリーポーチです。

ほとんどの商品にジュエリーポーチをお付けいたします。(ジュエリーによってサイズ、デザインが違います。)

旅行の際や、保管などにお役立てください。

※写真の琥珀ペンダントは参考商品です。

■化学薬品などをさけることが大事

琥珀アクセサリーはヘアスプレー、香水などが付着すると、変色することがございますのでご注意ください。

その様な事を避けるためにも、アクセサリーは身支度の最後にお着けいただくことをおすすめいたします。

■汗などで汚れたときは?

比較的汗には強い性質の為、年間を通してご使用頂けますが汗などをかいた場合は柔らかい布などで優しく拭いて頂くことをお勧めします。 めがね専用の布など優しい素材のものをお使いください。

それでも汚れが気になる様でしたら、真水で優しく流して優しく洗って下さい。洗剤、宝石用の洗浄剤、超音波洗浄機等はご使用にならないで下さい。

また、シルク糸などを使っているネックレスなどは、長時間水にさらさないで下さい。

やわらかい布を軽く水で濡らしふき取るようなイメージでお手入れをして下さい。

■温泉などは絶対はずして!

温泉、サウナ、プールなどに入る際は必ず取り外して頂くようお願いします。温泉成分などで、琥珀のお色が変色してしまったり、劣化してしまう恐れがあります。

■アンバー浄化方法

パワーストーンとして琥珀をお求めのお客様から琥珀の浄化方法のご質問を頂くことがありますのでこちらにのせておきます。

×水による浄化

×日光による浄化

×塩による浄化

○月光浴

○水晶

○チューナーなどを使用した音での浄化

※当店では特に一般的なパワーストーンのように浄化をすることを推奨は特にしておりません。浄化については補足ですので、特に行う必要はありませんので参考程度にお考えください。